試用版申請

Inspire 2018

シミュレーションを設計の原動力に

Inspire 2018でSimulation-driven Design(シミュレーション主導の設計)を実現。シームレスな環境で、最適化、シミュレーション、製造実現性評価が可能になりました。


Inspireは、業界で最も強力かつ使いやすいUXを備えたジェネレーティブデザイン / トポロジー最適化 / ラピッドシミュレーション ソリューションです。構造特性に優れたコンセプトを素早く簡単に生成でき、コスト、開発時間、材料消費量、製品重量の削減につながります。


新機能満載のsolidThinking Inspire 2018には、以下に挙げる画期的な機能が含まれています。

  • ラティス最適化の結果を3次元形状として可視化し、.stl形式でエクスポートできるようになりました。

  • 新しくなった荷重ケーステーブルでは各解析条件がどの荷重ケースに適用されているかを簡単に確認と変更することができるようになりました。また、荷重ケーステーブルを使用して、.csvファイルまたは.xlsファイルから荷重およびサポートをインポート/エクスポートできるようになりました。

  • オーバーハングツール形状コントロールが追加されました。オーバーハングは、3Dプリンター用の形状制約です。この機能では造形プロセス時に必要なサポート構造を最小限に抑えられます。

  • PolyNURBS シャープツールでは、鋭角度 -「なし」、「低」、「中」、「高」、4種類の鋭角度が使用できるようになりました。鋭角度 - 「高」は完璧なピン角を生成します。鋭角度 - 「高」を適用したエッジにフィレットまたは面取りを追加できます。.

Inspire 2018の詳細については、以下をご覧ください。無償の試用版をご希望の場合は、 こちらをクリックしてください。



試用版申請 Inspire 2018の概要動画
 

Simulation-driven Designを徹底的に活用


今こそSimulation-driven Designを導入し、シミュレーションを原動力とした設計手法を実現しましょう!シミュレーションはもはや、設計プロセスの最終段階で検証や性能解析を行うためだけのものではありません。競争力を維持しつつイノベーションの火を絶やさないためには、初期コンセプト設計から生産に至るまでのすべての設計プロセスにおいて、シミュレーションを原動力とする必要があります。solidThinking Inspireなどのツールを初期段階だけでなく各フェーズで繰り返し活用してロバストなシミュレーションを行うことは、今の時代、イノベーションの促進に欠かせません。事実、Inspireは、多くの先進企業で品質、コスト、製品化期間などの目標達成に役立っています。


一から新製品を開発する場合や、現行の生産部品の設計改良を検討する場合にInspireを使用することで、設計者やエンジニアは以下のことが可能になります。

  • 動的な機械システムを迅速にアセンブリ、シミュレーションし、最適化や解析で必要になるシステムコンポーネントへの荷重を自動的に算出

  • 積層造形(アディティブマニュファクチャリング)を含む各種製造方法に適した、重量性に優れた設計を生成

  • 静荷重、共振、座屈を解析し、さまざまなデザイン案の性能を評価

  • InspireのCAD形状を3Dプリンターに直接エクスポートし、高性能・高品質な部品を製造

目標のその先へ


Quality
直感的なUX(ユーザーエクスペリエンス)を備えたInspireなら、静荷重、共振、座屈を解析し、さまざまなデザイン案の性能を素早く評価できます。これにより、プロトタイピングや生産を始める前に設計の品質と信頼性を確認できます。
Quality
Simulation-driven Designを実践し、設計プロセスの初期段階だけでなく各フェーズでInspireを繰り返し活用することで、材料使用量が減少し、コスト削減を可能にします。また、設計の手戻りが減り、設計期間全体の短縮も可能です。
Quality
Simulation-driven Designには、設計プロセス全体の短縮に必要なツールが揃っています。Inspireは、高性能・高品質の部品や製品を効率的な生産に貢献します。Inspireをコンセプト設計段階で使用すれば、はじめから理想的な設計コンセプトにたどり着けるだけでなく、設計の手直しを減らしたり、場合によっては手直しそのものをなくしたりすることも不可能ではありません。


Inspire 2018のワークフロー

Inspireでは理想的な設計を素早く簡単に作成できます。Inspire 2018のワークフローの各ステップをクリックすると、短いデモ動画をご覧いただけます。



インポートと形状簡略化

接触、荷重、材料の定義

トポロジー最適化

機構解析

結果形状の出力とPolyNURBS

トポグラフィー最適化と板厚最適化

性能の検証と比較

製造性の確認

「Inspireのようなツールは他にはありません。複雑なプロセスを分かりやすくしてくれます。弊社のチーム全員が、ほんの数時間のトレーニングを受講しただけで使いこなせるようになり、劇的な設計時間の節約につながりました」

Doug Hedges
President, Sintavia, LLC

Inspire 2018の新機能

 
 
 

ラティス構造最適化

オーバーハング形状コントロール

PolyNURBSフィット



 
 
 

スポット溶接

荷重ケーステーブル

プロファイルエディター



 

ジョイント部の摩擦





Inspire 2018の詳細

Inspire 2018のウェビナーに、ぜひご登録ください

【日本語ウェビナーシリーズ】Optimization-driven Design - Inspireの最適化が導く設計プロセス

最適化および解析を初期設計段階から製造可能性評価に至る全開発プロセスで活用する、新しい設計プロセスOptimization-driven Designの活用について、テーマに沿って解説します。


参加申し込み

【英語】Inspire 2018の紹介ウェビナー

Inspire 2018の機能をご紹介する限定ウェビナーです。ウェビナーでは、以下の新機能についてライブデモを行います。

  • ラティス構造最適化とエクスポート
  • オーバーハング形状コントロール
  • PolyNURBSフィット
Inspire 2018の紹介ウェビナー


Legal | © Copyright solidThinking, Inc. All rights reserved.